読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MYSTERY RANCH Maniac

ミステリーランチの研究ブログ

3-ZIP プロトタイプ 2000年代初期?

年の瀬も迫り、16年度モデルが待ちきれない今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

今回は久々に撮影の時間がとれましたので、私のMysteryRanchコレクションから奇妙なモデルをご紹介します。

 
 f:id:mysteryranch:20151228232200j:image
 
現在ではMysteryRanchのトレードマークとなっている"3-ZIPデザイン"ですが、2000年の創業当初から存在していた訳ではありません。
Danaへのインタビューによれば、3-ZIPデザインはスキー板をバックパックに固定した状態でパック内部にアクセスできる様なデザインを模索するなかで生まれたデザインであったとされています。それがいつ頃のことだったかについては語られていませんが、mysteryranch.comにSweetPeaなどの3-ZIPファミリーが登場したのが2004年の末であったことから2000~2003年にかけて開発が行われたものと思われます。現在もそうであるように、すぐにはWEBサイトに反映されず幾つかのプロトタイプが出回っていたのでしょう。今回紹介するモデルはそんなプロトタイプのうちのひとつだと考えられます。
ちなみに当時のmysteryranch.comではMonkeyシリーズやBDSBに代表されるOutamaticsシリーズが販売されており、SweetPeaなどはFuturaシリーズとして掲載されていました。
 
f:id:mysteryranch:20151228232235j:image
f:id:mysteryranch:20151228232259j:image
f:id:mysteryranch:20151228232322j:image
このプロトタイプはもともとはアメリカのアウトドアショップにサンプルとして展示してあったもので、閉店に伴い処分されたとのこと。
とはいえ、パック表面にびっしり縫いつけられたPALSは現行のASAPやKomodoDragonなどを彷彿とさせ、アウトドアグッズというよりは軍用品という印象です。
 
f:id:mysteryranch:20151228232346j:image
最も目を引くのはジッパーの中央部にある舌のような構造。
f:id:mysteryranch:20151228232404j:image
さらにその舌の上をまたぐ形でストラップが伸びており、上蓋にバックル留めされています。この部分のバックルのみ珍しくITW製。
 
f:id:mysteryranch:20151228232816j:image
f:id:mysteryranch:20151228232846j:image
バックルを外すとストラップは垂直なジッパーの引き手に繋がっています。
そして、ベロを持ち上げると左右のジッパーが、片方は垂直ジッパーの左右それぞれ、もう片方は上蓋のジッパーと噛み合うようにセットされているのが見えます。言葉で表すのは難しいですが、3方向からジッパーが閉まるかなり特殊な構造です。
 
f:id:mysteryranch:20151228232933j:image
上蓋を解放したところ。
ベロを引っ張っても上手く開けることはできず、左右それぞれのジッパーを開けなければいけません。
また、垂直ジッパーのレールは上蓋のジッパーレールも兼ねているので、無理やり引き上げればある程度上まで閉まってしまいます。
f:id:mysteryranch:20151228233011j:image
比較までに、現在の3-ZIPはこの様に垂直ジッパーと上蓋のジッパーは独立しています。
 
f:id:mysteryranch:20151228234130j:image
f:id:mysteryranch:20151228234152j:image
ちなみに、このベロの様なパーツは上蓋の切れ込みに差し込んでベルクロ留めされているだけで簡単に外せます。
ベロにはベルクロのオス・メスが重ねて縫いつけてありました。恐らく製作段階で間違ったのでしょう。「っべ〜、オスメス間違えちった〜。ま、重ねて縫いつけちゃえ〜」って感じでしょうか。テキトーすぎます。
f:id:mysteryranch:20151228234833j:image
ベロを失うとこんな感じになります。
この状態ではまさに「こんなん隙間から雨入りまくりですやん」状態。
 
f:id:mysteryranch:20151228235957j:image
f:id:mysteryranch:20151229023517j:image
f:id:mysteryranch:20151229023529j:image
インテリアはシンプル。
左右と底材はX-PAC、背面はおなじみのPALSとハイドレーション用のポケットという組み合わせですが、SpadeLockはまだありません。
残念ながら加水分解が進んでおり、内面はベタついています。
f:id:mysteryranch:20151229023606j:image
f:id:mysteryranch:20151229023624j:image
ハイドレーション用のポケットはあるのにホースの穴がない?と思ったら左右に開いてました。さすがにこの辺は抜かりなし。
 
f:id:mysteryranch:20151229023816j:image
トップリッドにはシンプルなポケット付き。
現行品の様なメッシュの底面ではなく、外装と同じコーデュラ。
 
f:id:mysteryranch:20151229024158j:image
ハーネスは黒く、外観は現行のものと大きく変わりません。
チェストストラップはMonkyシリーズなどにみられる取り外しの利かないもの。
f:id:mysteryranch:20151229030748j:image
f:id:mysteryranch:20151229030806j:image
ヨークの後ろ側にロゴパッチが控えめに縫いつけられています。
フレームシートは現在も軍用以外でみられるプラスチック板に金属棒がT字に縫いつけられた方式。
 
f:id:mysteryranch:20151229031207j:image
f:id:mysteryranch:20151229031225j:image
背面のパッドには現在とは違い、ゴムでコーティングされた様な滑りにくいメッシュが使われています。
製造時にはどうだったのかわかりませんが、経年によるのか全体にゴワゴワとした質感で、ややベタついています。
ヨークにもタグはなく、製造日は不明です。
 
f:id:mysteryranch:20151229031815j:image
f:id:mysteryranch:20151229031852j:image
f:id:mysteryranch:20151229031911j:image
LiveWingウェストベルトが装備されており、造りは現在と変わりません。
この辺りは当初から完成形だった様です。
f:id:mysteryranch:20151229032603j:image
ウェストベルトのバックル。NationalMolding製で、02のモールドから恐らく2002年製と考えられます。
 
f:id:mysteryranch:20151229032924j:image
底面にもX-PACが用いられています。
また、初期のSweetPeaや3DAPのように左右にリングが装備されています。
 
 
f:id:mysteryranch:20151229033326j:image
ASAPと比較すると、やや大きめですが3DAPよりは小さいかなという微妙な大きさです。
PALSの数でいえば横幅はKomodoDragonに近いですが、高さはASAPほどしかありません。
 
f:id:mysteryranch:20151229034453j:image
今回のプロトタイプモデルは、バックルなどから2002年以降、恐らくは軍との契約が始まる2004年以前に軍への納入を見据えて製作されたものと思われます。ということは、スキーヤー向けに製作されたと言われる3-ZIPですが、そのデザインがまとまる前からミリタリーを意識して開発を進めていた、ということになります。
MysteryRanchのプロトタイプのなかでも、3-ZIPの構造自体が現在と異なるものはこのモデル以外に見たことがありません。しかし、Danaへのインタビューでは3-ZIPを試作した当初はこのモデルのように3つのジッパーを一箇所へ集めるものだったことが明かにされており、矛盾しません。
雨水に対応できない弱点があったとも認めていることから、この奇妙なベロのような構造はジッパーの隙間を塞ぐ為の試行錯誤の過程で生まれたものである可能性があります。
また、垂直ジッパーをわざわざバックル留めしているのは、垂直ジッパーが独立せず末広がりになっているために荷物でパックが左右に膨らむと自然に開いてきてしまう弱点があったからではないかと推測しています。現在の垂直ジッパーは最後までまっすぐに閉じるため、左右に引っ張っても開くことはありません。
 
こうした工夫にも関わらず、ごちゃごちゃした構造がかえって素早いアクセスを難しくしたため、お蔵入りになったのだと想像されます。
 
f:id:mysteryranch:20151229044724j:image
普段何気なく使っている3-ZIPですが、そのデザインに秘められた偉大なデザイナーの知恵と試行錯誤の一端に触れることができる貴重な一品でした。
 
それでは皆様よいお年を。
 
 
MysteryRanch 3-ZIP Prototype : ☆☆☆☆☆
 
☆☆☆☆☆ 情報が乏しく、モデル名・使用用途が不詳な物。
☆☆☆☆ カタログに記載はないが、ネット上に情報のある物。
☆☆☆ 過去カタログに記載されていたが廃盤となった物。
☆☆ 現行品だが国内での入手が難しい物。
☆ 正規取扱店で入手が可能な物。
★ 別注・限定品。