MYSTERY RANCH Maniac

ミステリーランチの研究ブログ

MOLE RATS?

f:id:mysteryranch:20180419215656j:image

 

今回は今年1月に行われたSHOT SHOW 2018にて展示されていた謎のバックパックについて。

 

 

事の発端は以下から。

f:id:mysteryranch:20180526174411j:image

http://www.monch.com/mpg/news/shot-show-2018/2682-mystery-ranch-introduces-blackjack.html

f:id:mysteryranch:20180526174725j:image

画像中央下に写っているこのパック、一見RATSにStick-itを付けたような外観です。

しかし、プレートにはモデル名の記載がありません。

f:id:mysteryranch:20180526175348j:image

https://twitter.com/scottgourley1/status/955876092757270528?s=21

こちらにも映っていますが、正体は不明でした。

しかし、今回運良く撮影する事が出来ましたので詳細をお届けします。

 

 

f:id:mysteryranch:20180419221107j:image

というわけでいきなりフロントビュー。

間違いなくSHOT SHOWのパックです。

f:id:mysteryranch:20180526184358j:image

RATSとの比較。

RATSにはあった下部のポケットはなく、高さが低い分やや小ぶりな印象です。

f:id:mysteryranch:20180526184423j:image

Stick-itを開くと、このパックがRATSと全く違う事が分かります。

前面にポケットはなく、代わりにMOLLEが縫い付けられています。

シアーポケットとターニケットバンドはRATSと同じです。

f:id:mysteryranch:20180526184523j:image

パック前面が一気に開くラピッドアクセスの構造はRATSと変わりません。

内部にはRATSとは異なる細長いポーチが5つ、ゴムバンドのついたパネルが1つ付属しています。

f:id:mysteryranch:20180526185344j:image

ポーチ内部にもゴムバンドがあり、こんなちっこいメディカルアイテムあるか?という疑問はさておきこれまでのメディカルポーチとは違ったアプローチのものである事がわかります。

RATSには入っていたIV(点滴)用の細長いポーチはなく、上からぶら下げられるといったギミックも付いていません。

f:id:mysteryranch:20180526184558j:image

また、側面内側にはスプリントを収納できるポケットが左右にひとつづつ。

RATSでは内部と外部に2箇所づつあるので、簡素化されているのがわかります。

f:id:mysteryranch:20180526185054j:image

そのほかには前面内側に廃棄物用のポケット、側面に予備のシアーポケットという構成はRATSと同じです。

f:id:mysteryranch:20180526192246j:image

トップリッド内のポケットもゴムバンド付きでRATSと同じ作りです。

f:id:mysteryranch:20180526175854j:image

衝撃的なリアビュー。

これまでのどのMysteryRanchのハーネスとも違うタイプです。

f:id:mysteryranch:20180526180022j:image

なんと言っても目を引くのは中央のMOLLEパネルでしょう。

このパネルはご覧のようにベルクロになっており、恐らくボディアーマーの背中に固定して使用する物だと思われます。

必要になった際はパックごと脱着可能という寸法なのでしょうか。

f:id:mysteryranch:20180526180422j:image

f:id:mysteryranch:20180526180438j:image

ハーネスは金属のバックルで引っ掛ける様に留まっていて、写真の様に取り外す事が可能です。

交換用と思われるパッドの無いストラップのみのパーツが付属しますが、使用方法は不明。

 

f:id:mysteryranch:20180527021659j:image

Stick-itを外すとコンパクトな印象が更に増します。

 

残念ながらパック本体にはどこを探してもタグは見つからず。

付属品は全てPIモデルなので、本体もおそらくはPIモデルと考えられます。

f:id:mysteryranch:20180526190159j:image

f:id:mysteryranch:20180526201956j:image

タグがない代わりにこんなものが。

初めて見ましたが、SAMPLEと書かれたカード、、。

内容を見る限り本体というよりStick-itについてのカードの様ですが、気になる一文が。

Notes: goes with EX MOLE

つまり、EX MOLEなる製品と一緒に出荷という事ですから、今回のパックがEX MOLEという事になります。

EXは試作品的な意味で使われているのを他の分野でも見かけるので、正式名称はMOLE(もぐら)。

最初はMOLLEのスペルミスではと思いましたが、MOLE RATSでハダカデバネズミという意味らしいのでおそらく韻を踏んだのだと思われます。ハダカデバネズミと聞くと急に可愛げがなくなりますが、そっとしておく事にしましょう(笑

 

 

全体の印象は非常に簡素化されたRATSという感じで、医療用アイテムの収納力はRATSほど高くなく、すでにRATSがある以上このMOLE RATSがどういった需要を満たすのかはよくわかりません。

しかし、NICEフレームなどと組み合わせて大きなアイテムの運搬も視野に入れたRATSはバックパックそのものが約3.0kgと非常に重く、より簡素化されたメディカルパックを求める声が上がっても不思議ではありません。

その点、MOLE RATSはNICEフレームへの対応もFuturaシステムさえも捨て去り、約2.2kg(Stick-it付きで2.4kg)と800g近く軽量化に成功しています。

MysteryRanchTokyoで拝む事のできるプロトタイプたちの中にも軽量化を目指したモデルは多く存在するらしく、このMOLE RATSもそうした軽量化プロトタイプのひとつなのかもしれません。

ちなみにこのパックはあるヨーロッパの軍に納品されたそうですが、2つ納品されたうちのひとつはテスト後に廃棄されたそうです。もったいね〜。

 

 

さて、今回はMOLE RATS(仮)をご紹介しました。

このパックが販売されるのかは不明ですが、EDCシリーズ以外でハーネスへのこだわりを捨て去ったというMysteryRanchにとってはある意味ターニングポイントとなるパックなのかもしれません。

 

 

[追記]

上記の記事は撮影後数ヶ月温めていたのですが、ちんたらしてるうちに2018年のミリタリーカタログに「MOLE」のモデル名で記載が!

f:id:mysteryranch:20180526201026j:image

やはりボディアーマーへの装着を想定したパックの様で、Futuraヨークを擁するMysteryRanchが取ってつけた様なショルダーストラップを"comfortable"と表現する違和感はさておき、"via"が"vai"になってるあたりやっぱりモデル名もスペルミスなのではと思わせる緩さは依然健在のようです。

MOLEはMysteryRanch.comにはまだ掲載されておらず、日本への入荷も現時点では不明です。

MILITARY LIGHT FRAME

f:id:mysteryranch:20180328045559j:image

 

今回は先日ご紹介したBlackJackに付属するMysteryRanchの「軍用」軽量フレーム、MilitaryLightFrame(MLF)について。

 

f:id:mysteryranch:20180328050108j:plain

 

MLFは従来のNICEフレームの機能をほぼそのままに軽量化が図られた意欲作です。

以前の記事でも触れたように、従来のMysteryRanch製品は機能を優先するあまりに少なくともマスプロモデルでは大胆な軽量化は行われてきませんでした。

「これだけ重けりゃ高いのも納得!」的な迷言も飛び出すなか、MysteryRanchは2015年にハンティング用軽量フレーム「GuideLightFrame:GLF」を発表したのを皮切りにラインナップの本格的な軽量化に乗り出してきました。

mysteryranch.hatenablog.com

 

f:id:mysteryranch:20180328045911j:plain

2013年モデルのNICE BVS(右)との比較。大胆な肉抜きが施されている。

従来のNICEフレームはBVSのある・なしのみで軍用と民生用(狩猟用)が分かれていましたが、後述するようにMLFとGLFは構造的にもやや違うものとなりました。

また、MLFは他のNICEシリーズでも採用されるというわけではなく、当面はBlackjack専用品という位置付けになるようです。

f:id:mysteryranch:20180328050352j:plain

2013年モデルのNICE BVS(右)との比較。BVSの大きさの違いに注目。

従来のNICEフレームとの違いはなんといっても重量です。

MLFは約1.6kgと、従来のNICE BVSから800gほど軽量化されました。

GLFの1.4kgには及ばないものの、持った瞬間に「あ、軽いな」と実感できます。

 

軽量化に伴って変更された点としては、

・骨組みの間の布張りに肉抜きがなされてスケルトンな印象に。

・フレームにカーボンファイバーが用いられており、従来の「田」の字配置から「曲」の字配置に変わった。

・カーボンファイバーロッドは従来のグラスファイバーロッドの半分ほどの太さに。

・背面に付いていた何に使うのかよく分からないPALSが廃止された。

・フレーム上部左右両端に付いていた何に使うのかよく分からないバックルがなくなった。

・ショルダーハーネスの軟化。

・新型BVSの採用(後述)。

・ウェストベルトの構造が簡素化された(後述)。

といったところでしょうか。

 

・ショルダーハーネス

f:id:mysteryranch:20180328050303j:plain

ショルダーハーネスは従来とさほど変わらない見た目ですが、握ってみるとだいぶ柔らかくなっているのがわかります。内部のプラ板が控えめなものになったためで、同社EDCシリーズのバックパックとさほど変わらない柔らかさになりました。

f:id:mysteryranch:20180328050406j:plain

また、MQRB(MetalQuickReleaseBuckle)に代わって通常のMojaveバックルを用いた簡素なリリース機能が搭載されています。ただし、チェストストラップは従来のままのため、手順を間違えると大変危険です。

f:id:mysteryranch:20180328075526j:plain

チェストストラップを外さずにハーネスを解放すると首に引っかかり危険だ。

小生の拙いイラストで理解していただけるか分かりませんが、時に数十キロにも及ぶ重量が首にかかれば転倒したり意識を失う可能性すらあります。MQRBではなく、Mojaveを使用しているのはクイックリリースに使うなというメッセージなのでしょうか、、?

mysteryranch.hatenablog.com

 ↑以前にもこの危険性は指摘していたのですが、MRのスタッフはこのブログを読んでいないのでしょうか?!(笑)

 

f:id:mysteryranch:20180328050553j:plain

その他、アリスパックことLC-1など往年の軍用パックに用いられている金属製のバックルがショルダーパッド下端に縫い付けられています。
使途不明ですが、軽量化を目指している同フレームにわざわざ金属製の重いバックルをつけるあたり、どうしても付けたい理由があったのでしょうか。

BlackJackは空挺作戦も想定したパックのようなのでそうした用途のためのものなのかもしれません。

ちなみにハーネス用のストラップは断端が縫い返されているので金属のバックルに通すことはできません。

 

・BVS

f:id:mysteryranch:20180328050417j:plain

新型BVS。従来のBVSに比べかなり小型化された。

 

Danaの好物、BVSは約5年ぶりのリニューアル。

近年の健康志向を受けてか、22cm弱あった長さは13cmにサイズダウン。

f:id:mysteryranch:20180328050452j:plain

f:id:mysteryranch:20180328050439j:plain

新型BVSも従来同様、取り外すことが可能。

f:id:mysteryranch:20180328082515j:plainf:id:mysteryranch:20180328082554j:plainf:id:mysteryranch:20180328082528j:plain

 小型化によりベンチレーションを見込んだ?3つの穴は無くなってしまいました。

ミリフォトなどでも良い目印だったのですが残念です。

メガネごっこもできなくなりました。

 

・ウェストベルト

f:id:mysteryranch:20180328050518j:plain

ウェストベルトは内側のパッドのボリュームはそのままに、PALSの廃止、ストラップ締め上げ方向の変更が行われました。

f:id:mysteryranch:20180328050526j:plain

ウェストパッドは折り返して固定することが可能。

個人的にGOODな点はウェストパッドを短く折りたたむことができるようになった点。折り返してゴムバンドで留めるだけという単純なものですが、パックを倒して置く際に従来より座りがよくなりました。

NICEフレームでもパッドを付けない状態でなら折りたたむことが可能でしたが、このサイズのパックでウェストベルト無しはありえないので、一時的に収納できるこの機能は大変重宝しそうです。

f:id:mysteryranch:20180328050532j:plain

GLFと同じバックル。どうも好きになれない、、

逆にBADな部分はバックル。

GLFの紹介でも触れましたが、小さい上に保持する部分が少ないために嵌める際にハンドリングしづらいうえに指を挟みそうになります。

f:id:mysteryranch:20180328050601j:plain

もちろん、バックルが気に入らなければ交換することも可能です。

f:id:mysteryranch:20180328050605j:plainf:id:mysteryranch:20180328050610j:plain

外し方はやや複雑なので忘れないようにしなければなりません。

バックルだけであればここまでで外れますが、ウェストパッドごと外す場合はさらにバックルを外していかなければいけません。

f:id:mysteryranch:20180328050614j:plainf:id:mysteryranch:20180328050626j:plain

ストラップをまとめておくゴムバンドをはずし、、、

f:id:mysteryranch:20180328050647j:plain

やっとウェストパッドとウェストパネルの基部が分離します。

ここまで分解するとわかりますが、MLFのウェストベルトはNICEやGLFとは全く異なる構造になっていることがわかります。

非常にシンプルな構造ですが、効果的なパッドの形状を作り出しています。

f:id:mysteryranch:20180328050658j:plain

ウェストパッドをランバーパッドから引っこ抜くとタグが現れます。

こんなところにあったのかよ!

f:id:mysteryranch:20180328050707j:plainf:id:mysteryranch:20180328050704j:plain

従来のペラペラした付け方よりはマシですが、拝むためには手間がかかります。

タグの表示は2017年の9月11日(!)の米国製、BN#は「BC50-◯◯◯◯-◯◯◯」。

「MLF」は一文字も入っていません笑。

Blackjackのタグも「BC50」でしたので、Blackjack Coyote-brownってことなんでしょうか?ぜひMultiCamのタグも見てみたいものです。

また、パックからヨーク、ウェストパッドまで同一のBN#ということからこの「MLF」一式はBlackjackのために作られたことが予想できます。

f:id:mysteryranch:20180328050714j:plain

ちなみにウェストパネルはランバーパッドに折り込むことができます。

NICEシリーズを普段使いしようというフレンズには便利な機能ではないでしょうか。

f:id:mysteryranch:20180328050726j:plain

パーツをすべて取り外したMLF。ヨークを含めて1.3kgまで軽量化できる。

 

・NICEシリーズとの互換性

f:id:mysteryranch:20180328050736j:plain

人生2つ目のMR、Overload 3ZIP PI。なぜかUSAのワッペンつき。

気になるのはNICEシリーズのパックとの互換性ですが、試しにOverload 3ZIPを取り付けてみました。結論から言うとなんの問題もなくセッティングが可能です。

GLFで問題となったバックル周りについてはNICEフレームと同じ構成となったため、MLFでは問題となりませんでした。

f:id:mysteryranch:20180328050731j:plain

Overloadシステムもこの通り、装着可能。

f:id:mysteryranch:20180328050800j:plain

Blackjack50用のトップリッドもシンデレラフィット。Skiritaiを彷彿とさせる。

f:id:mysteryranch:20180328050810j:plainf:id:mysteryranch:20180328050818j:plain

f:id:mysteryranch:20180328050840j:plain

折りたたみ可能なウェストベルトのおかげで電車の荷物棚にも入りやすくなったか。

f:id:mysteryranch:20180328050853j:plain

ウェストベルトとBVSを外した状態。軽い荷物ならあり?

f:id:mysteryranch:20180328051004j:plain

 

以上、MysteryRanchの新しい軽量フレームMilitaryLightFrameをご紹介しました。

数日前にMysteryRanchのHPが更新され、ミリタリーモデルが軒並みリニューアルされました。その中でBVS採用モデルではMLFと同じ新型のBVSが採用されていることが確認できます。

一方で、NICEフレーム採用モデルには写真を見る限りMLFは採用されておらず、従来のNICEフレームに新型BVSを組み合わせたフレームであることが確認できます。

従来のNICEシリーズは現在では日本国内で手に入れることが可能ですが、Blackjackは今の所取り扱いがありません。MLFがBlackjack専用品と位置付けられているのであれば、Blackjackが国内販売されない限り入手には苦労しそうです。

 

 

 MysteryRanch  MLF: ☆☆
☆☆☆☆☆ 情報が乏しく、モデル名・使用用途が不詳な物。
☆☆☆☆ カタログに記載はないが、ネット上に情報のある物。
☆☆☆ 過去カタログに記載されていたが廃盤となった物。
☆☆ 現行品だが国内での入手が難しい物。
☆ 正規取扱店で入手が可能な物。
★ 別注・限定品。

HEBGEN HYDRATION CARRIER

f:id:mysteryranch:20170127131553j:plain

前回お伝えしたShotShow2017ではSPEARシリーズの他にもひっそりと興味深い小物が展示されていました。

 

続きを読む

NEW SPEAR SERIES

ShotShow2017にて、長らくベールに包まれていたMysteryRanchの「SPEAR」シリーズがお披露目されました。


SHOT Show 17 - Mystery Ranch SPEAR Packs - Soldier Systems Daily


これらのパックはUSSOCOMの新たなバックパックを選定するSPEARプログラムに参加し、見事再び採用されたとの情報が以前から出ていました。

Breaking - USSOCOM Selects Mystery Ranch Packs, Again - Soldier Systems Daily


SPEARシリーズはSOCOMの要請に応じてAssault(53L)、Patrol(82L)、Recce(102L)の3サイズ展開となる様ですが、MysteryRanch.comのティザーではAssaultが〜41Lと紹介されていたためか「Assaultで53Lってデカくね?」といったコメントがさっそく寄せられています。とはいえ、もともとSOCOMが要求していたスペックでは3000〜4000cu-inとなっているため、53L(3200cu-in)は決して規格外ではなく、これまでのSATL(56L)を置き換えるモデルと考えられます。


今回公開された3種のバックパックはいずれもSATLなどでみられた固定ハーネスに替わってフレームシステムを採用しており、GuideLightFrameにBVSを追加した様な新設計のフレームが合わせて紹介されています。



SHOT Show 2017 Mystery Ranch SPEAR

動画では新たなフレームの名が「SPEAR Frame」であることや、従来のグラスファイバーとカーボンファイバーを用いたコンポジットステーからカーボンファイバー単材ステーになっていることなどが紹介されており(0:46)、見た目以上に軽量化を意識したものであることがわかります。


これらのパックはMysteryRanch.comに既にラインナップされているため、本国では一般販売される予定の様です。

OLIVE DRAB

f:id:mysteryranch:20170117120821j:image

あけましておめでとうございます!

昨年は新製品の紹介に終始してしまいましたので、2017年一発目はMysteryRanchのレアなカラーバリエーションを紹介しようと思います。

 

続きを読む